--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
07.11

村の郵便屋さんと雀

Category: 共生への道
僕の住む集落に
小さな郵便局が在る

民営化の折、閉局するか否か迷ったが
交通手段の無いお年寄りのため、
そして地域の要所が無くなることによる
コミュニティの崩壊を危惧し
採算を考えず続けている…
以前、そんなお話を局長さんから聞いた。

その小さな郵便局の入口の脇
エアコンの室外機の横に、小さな巣箱が掛かっている。

2012-07-11-2.jpg 

毎年、室外機の所に雀が巣作りに来る
色々と策を試みたが どうも芳しくない
そこで巣箱を提供した…というわけなのだ。

人間にとって都合の悪い事も ただ排斥するのではなく
共存の道を探り そのための努力を惜しまない。
そしてご自分の都合よりも他の都合を何よりも優先する…。
こんなに心優しい郵便局のある村に住んでいる事を誇りに思う。

そしてこの社会が、このような方々ばかりだったら
戦争や原発事故や環境破壊など起こるまい…とつくづく思う。

2012-07-11-3.jpg 
※郵便局全景  ミゼットは局長さんのもの。オシャレ心の分かる方だ。

ところで一昨夜、TVで僕の好きな詩人
「金子みすゞ」の生涯を綴ったドラマが放映された。
はっきり云って役者も脚本もひどく、がっかりしたが
物語の中に挿入される女史の詩は
やはり何度読んでも、聞いても心を打つ

その金子みすゞ女史の詩のをひとつ
村の郵便屋さんに捧げたいと思う
代表作として既に多くの方々に知られているので
少し恥ずかしい感じもするのだが、あえて掲載しよう。


「私と小鳥と鈴と」

私が両手をひろげても、
お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥は私のように、
地面を速くは走れない。

私がからだをゆすっても、
きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな唄は知らないよ。

鈴と、小鳥と、それから私、
みんなちがって、みんないい。

         金子みすゞ


※尚、郵便局の巣箱は無事、スズメ家族のマイホームとして活用されています。


◆今日の野花 / ホタルブクロ◆  (7/10 家の近くの林縁にて撮影)

2012-07-11hotarubukuro.jpg 
花言葉は「正義・貞節・忠誠を尽くす心・感謝の気持ち・愛らしさ・忠実」

日本各地に自生する山野草。
育てやすいことから園芸種としても親しまれている。
下向きに白、薄紫、ピンクなど淡い色あいの大きな釣鐘形の花を咲かせるが、その特殊な形状を一説には開花時期が梅雨であるため、大事な花粉を雨から守るためだともいわれている。

ホタルブクロは虫媒花で、花の形はマルハナバチに合うように作られたと考えられている。
花の筒の太さがマルハナバチがやっと入り込める大きさになっていて、花の奥に入り込む為には、必ずオシベやメシベに触れることになっている。
尚、ホタルブクロの花には「性別」があり、自家受粉を避けるためオスの状態で開花する雄性期(ユウセイキ)と開花してから時間が経過し受粉可能な状態となる雌性期(シセイキ)の花がある。
なんとも不思議な、そして実に繊細なシステムを備え持っている。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/85-e17ff55e
トラックバック
コメント
偶然、ここに来ました。先日夫がほたるまつりでお会いしたと聞き、私もお元気かなあ・・と思っていた矢先でしたから、何か通じる物があったのかな??と勝手に思っています。
『森のこめら』活動いいですね!!
ここには宝物がイッパイ。(なかなか気がつかないのですが・・・。)
又、ちょくちょくお邪魔したいです。
プーコdot 2012.07.17 12:15 | 編集
ご来店 ?ありがとうございまーす。
多分、Kの樹さんですよね ?
こんな感じで気ままに、言いたい事言ってます。
また是非お立ち寄りください。

ところで、そのホタル祭りの時に御主人から御商売が大変だった事を初めて伺いました。
ホンマにもー。くそったれですね。

こちらもまた近々、御寄りしたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Haokahdot 2012.07.17 19:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。