--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
08.29

1945 ヒロシマ ナガサキ~ 2011フクシマ

Category: 平和への道
25日のお知らせのように、先週末は2日に渡っての音楽活動。
いずれもが原爆詩の朗読とのコラボレーション。
平和へのメッセージを託したイベントであった。

■27日(土)は、ここ3年ほど一緒に音楽活動を行っている喜多方在住のシンガー、
唐橋郁さんの提案により音楽を中心に据えた企画で
タイトルは「2011 フクシマからの伝言」
喜多方市に在る[日本基督教団 喜多方教会]をお借りしてのコンサート。

                   喜多方教会の全景 
                   2011-08-27.jpg 

2011-08-27 (1)   2011-08-27 (2)
◆サウンドチェック風景                         ◆配布したパンフ
 本番はステージに居たので撮影出来ませんでした (ーー;) 

コンサートは二部構成で行われ、第一部を郁さんとのジョイントLive
第二部は原爆詩の朗読と、詩の合間に関連する歌を歌った。

正直、準備期間が短く、告知も遅くなってしまったので
集客はイマイチであった。
しかし、終了後に頂いた感想から、お集まりいただいた皆さんには
我々のメッセージが確実に届いた、と言う感触があった。

お忙しい中を、お手伝下さった皆様、ありがとうございました。
尚今後、このコンサートはシリーズ化をして続ける予定である。
また、よろしくお願いします。



■28日(日)は会津を中心に公演活動を行っている市民演劇グループ、
シアターFによる原爆詩の朗読劇「空 -1945 ヒロシマ・ナガサキ」の挿入歌の伴奏をお手伝いさせていただいた。

2011-08-27-28 049    2011-08-27-28 045
◆当日のフライヤー               ◆リハーサル風景 上手が僕らの演奏席 郁さんが座っている


劇団シアターFは2001年に結成され、以来、毎年夏には、代表作となった原爆詩の朗読劇を行い、
生命の尊さをコンセプトにした演劇などの公演活動を精力的に行っている。
団員は40代~70代のメンバー構成で現在16名。

尚、原爆投下直後の長崎の様子を撮影した米国人カメラマン、故ジョー・オダネル氏の奥方が会津若松市出身という事と、メンバーとも旧知の中という縁もあって、結成10周年を迎えた本年1月、奥方の暮らすアメリカ・ナッシュビルで、原爆詩朗読劇の海外公演を実現させた。

【アメリカ公演の様子】

また、劇団は長年の平和活動と、海外公演の功績により、平成22年度(第28回) NHK 東北ふるさと賞を受賞している。  

【NHK 東北ふるさと賞受賞】

こちらも二部構成で行われ
一部に原爆詩の朗読、我々はこちらに参加。
二部は3.11と原発事故をテーマにした詩の朗読で
福島を代表する詩人、和合亮一氏の詩などが詠まれた

2011-08-27-28 051    2011-08-27-28 067
◆ジョーオダネル氏の証言文の朗読シーン       ◆フクシマ原発 事故の歴史

会場では、感極まって涙をぬぐう人も見受けられ
改めて「ことばのチカラ」…を感じた。


ところで、こちらの会場も日本基督教団の[会津若松栄町教会]
野口英世にゆかりのある教会として観光名所の一つにもなっているのだが
そればかりでなく、この教会は信仰者であろうとなかろうと、万人に解放されている場所で、
シアターFさんを始め、様々な活動をする人たちのたまり場であり、オアシスでもある。

2011-08-27-28 054   2011-08-27-28 064
◆ステンドグラスの窓               ◆夕景の栄町教会


教会が中心となる平和活動も活発に行われていて
教会を振り出しに行われるピースウォークは毎春の恒例となっている。
また憲法九条を考える会もココが中心。

2011-08-27-28 050    2011-08-27-28 055
◆平和活動の拠点               ◆しかし教会の子どもの遊び場の砂場にはブルーシートが…


僕も信仰者ではないのだが9.11以降、色々とお付き合いをさせていただいていて
2006年には僕が企画をした、詩人故ナナオ・サカキ氏の朗読会の場所を提供いただいた。

尚、最近では脱原発を目指す会津の拠点の一つとして、活発な活動を行っている。
(※リンクさせていただきました、是非お訪ね下さい)


ここ会津ではお盆の頃、もう秋かと思われるほどに涼しくなったが
このところまた残暑が ぶり返した。

1945  あの夏を 忘れてはいけない。
2011  あの時を 忘れてはいけない。

雑草が生い茂り むせ返るような 淀んだ風のなかで 
蝉たちが 鳴いている
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/41-a23ab1ab
トラックバック
コメント
「放射能からこどもを守る会」でしたか、その会の代表の方です
先日東京の台東区で話されたのですが 福島の現実はそういう感じなのかNORIさんの感想をお聞きしたいと思いました
もしまだでしたら こちらの1時間50分辺りからです
http://www.ustream.tv/recorded/16896583 

その開かれた教会のリンクはどちらでしょうか?
yuukodot 2011.08.29 20:16 | 編集
中手さんと個人的にお話をする機会はまだありませんが
集会などではお顔を拝見しています。

尚、福島も広いので、お話に出て来る中通り地方と会津地方では普段から気候も全然違うので大分雰囲気が違います。

今回は特に放射能の線量の差が大きいので、会津では、大方「もうすべて終わった」かのような雰囲気が漂っています。
意識の在る人たちと、そうでない人との差がどんどん開いてゆく感じがします。
とてもマズイと思っています。

USTREAM拝見しました。
これは僕のblogでも紹介させていただきます。
尚、教会のHPは本文内、青い文字の[会津若松栄町教会]をクリックすると飛びます。
また、リンク欄の[放射能から子どものいのちを守る会・会津]が
教会が中心になっている脱原発アクションの情報源です。

Haokahdot 2011.08.30 12:43 | 編集
ちゃんと色が変えてあったのですね
教会のブログ見せていただきました
これから楽しませていただきますね
妹は北竜でスイカとお米の栽培をしています
直接販売したお米の売り上げの一割を「放射能からこどもを守る会」に寄付することにしたそうです
今までどこにしようかと迷っていたので良かったです
yuukodot 2011.08.30 13:55 | 編集
妹さんのご厚意、心から感謝致します。

見えないところで支え、支え合う、人と人との絆があるという事を
絶対に忘れてはならないと 強く感じます。

ありがとうございます。
くれぐれもよろしくお伝えください。
Haokahdot 2011.08.30 18:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。