--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
07.29

魑魅魍魎 蠢く

昨日登場した福島大学。
良心的な先生たちの存在に安心をしてたら
知らぬ間に、その学校がオカシクなっていた。
なんと独立行政法人・日本原子力研究開発機構と協定を締結したというのだ。

日本原子力研究開発機構(略称:原子力機構、JAEA)とは、原子力に関する研究と技術開発を行う独立行政法人で日本原子力研究所 (JAERI、略称:原研) と核燃料サイクル開発機構(JNC、略称:サイクル機構、旧動力炉・核燃料開発事業団 = 略称・動燃)を統合再編して2005年10月に設立された。
もちろんバリバリに原子力事業を推進して来た人たちの集まりで、もんじゅ・核燃料サイクルの推進母体、国の原子力利権の総本山とも呼ばれている。
福島県の子どもの年間被曝量20ミリシーベルトを決めた 本間俊充 氏(リスク評価・防災研究 GL) もここの在。

協定締結の詳細はこちら
【福島大学安全安心な教育環境をめざす保護者の会(仮称)】

尚、協定締結に至る経緯を福島大学のある教員から聞いた話として
◆最初は、機構から福大に場所を貸してくれという申し出があったのだが、それがどういう経過からか連携協定締結に話が膨らんだらしい、とのこと。
◆連携協定は7/20締結を目指して各学類の教員会議(通常の学部の教授会に相当)には「報告事項」として(つまり教員会議の審議を回避する形で)降ろされている。
…とある。


民意を無視し、偏った学者が副学長に就任した福島医大。
教員会議を無視し、偏った組織と手を組んだ福島大学。
そして資源エネルギー庁によるメディア・ネット閲覧による言論統制。(詳細下記)

日本は民主国家ではなかったのか ?
憲法に保障される言論の自由とは 何なのか?

絵に描いたモチまで飲み込みながら
県民、否、国民のモルモット化とマインドコントロールに向けて
魑魅魍魎が本格的に動き出したようだ。

締結


※資料
【資源エネ庁・巨額血税でメディア・ネット検閲】(日刊ゲンダイ2011/7/25)

作られた原発安全神話

◆電力会社ベッタリの公益法人に委託のデタラメ

資源エネルギー庁(経済産業省の外局)はどこまで腐っているのか。原発報道をめぐる資源エネルギー庁の言論統制の実態が明らかになり、大問題になっている。多額の血税を投入して、原発推進に批判的な記事を収集、チェックしていたのだ。この事業は昨年度までの3年間は「原子力施設立地推進調整事業」(即応型情報提供事業)として行われ、今年度からは「原子力安全規制情報広聴・広報事業」(不正確情報対応)として実施されている。

エネ庁の仕様書の事業目的には「新聞、雑誌などの不適切・不正確な情報への対応を行う」と明記。「不適切な情報があった場合には、国として追加発信すべき情報又は訂正情報の案を作成してホームページに掲載する」としている。監視対象は全国紙や原発立地県の地方紙など約30紙。

このメディア・ネット監視にあてがわれた予算は、08年度2394万円、09年度1312万円、10年度976万円、11年度が8300万円で、4年間で約1億3000万円に上る。
「問題は受注先(委託先)です。08年度は社会経済生産性本部、09年度は日本科学技術振興財団、10年度は財団法人エネルギー総合工学研究所と、いずれも電力会社とズブズブの関係にある公益法人ばかり。たとえば、日本科学技術振興財団は東電の勝俣会長が理事を務めています。原発推進の役所が、電力会社ベッタリの公益法人に血税を投入して、自分たちに都合の悪い批判的な記事をチェックしていたのです」(経済ジャーナリスト)

驚くのは、福島原発事故発生後も形を変えて事業を続けていることだ。今年度は7月に入って入札が行われ、広告代理店が受注。監視の重点は新聞からツイッター・ブログなどネット上の情報に置かれるようになった。「原発事故等に対する風評被害を阻止する」との理由で、予算が一気に8・5倍に膨れ上がっている。

巨額の税金を使い、モニタリングと称してツイッターを“検閲”し、原発推進に都合のいいQ&Aを作成してネットユーザーを洗脳しようとしているのだ。

原発問題を追及しているジャーナリストの横田一氏が言う。
「資源エネルギー庁が事故後もいかに無反省で、ムダなことをやっているかが露呈しました。しかも言論統制の一方で、自家発電能力を過小評価するいい加減な情報を発表し、首相に再調査を命じられる失態を演じている。もはやこの役所にエネルギー政策を任せられないことは明白。人心を一新しないことには体質は変わりませんよ」

エネ庁は3月末には、「原発歓迎記事」を掲載した季刊広報誌を発行。「被災地の方々への配慮が不足していた」とお詫び状を送付するという大チョンボをしでかした。言論統制と原発推進PRで原子力ムラの利権構造死守しか頭にない連中なのだ。こんな役所はもはや解体しかないだろう。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/25-a29c4fa2
トラックバック
コメント
原発問題がうやむやにならないように 日本中の人がしっかり見ていなければですね

昨日からの雨 そちらもひどそうですね
NORIさんちのまわりは水場があるので 心配です
避難してるのでしょうか・・・
yuukodot 2011.07.30 09:45 | 編集
今朝から何故かネットのつながりが悪いまま
昼前に出かけてしまい遅くなりました。すみません。

お気遣いありがとうございます。
この通りというか、お陰さまでウチのあたりは
大丈夫でした。
ただ、昨日は本流(宮川)のあたりは濁流が暴れていて、ちょっとヤバイかんじでした。

亡くなられた方や、被害に合われた方々は
本当にお気の毒とは思いますが
地球が怒っているなあ…と感じます。



Haokahdot 2011.07.30 22:45 | 編集
良かったと言っては悪いですけど・・・

私も神さまが怒っていると感じています
キリスト教で言うと ハルマゲドン?
yuukodot 2011.07.31 05:08 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。