--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.21

市民フォーラム「原発と人間」開催

「高濃度汚染水100トン漏れる 第一原発タンク
                      9時間半前に警報」

福島民報 2014/02/21より転載

 東京電力は20日、福島第一原発で汚染水をためているタンクの上部から雨どいを伝って水が漏れているのが見つかり、タンクを囲むせき外に流出したと発表した。せき外に漏れた量は約100トンで、雨どいの水からはベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2億3000万ベクレルと極めて高い濃度で検出された。東電は「海への流出はないと考えている」としている。漏えいを確認する9時間半前に異常を知らせる警報が鳴ったが、東電は計器の異常と判断していた。県は東電に汚染水の早期回収などを求めた。(以下略)

フツーのヒトならば、例えば家の火災報知機が鳴れば
火元の確認ぐらいはするハズ。

警報装置はいったい何のためにあるのか ?
やはりどーもこの責任者ドモはフツーではないようだ。

さて、お知らせです。

■2014年3月8日(土) 午前10時30分~午後5時
■会津若松市文化福祉センターにて
■「原発と人間」どうする! 自然・いのち・くらし


という市民フォーラムが開催されます。

■主旨は
「東電福島原発事故から三年、事故による被害は拡大し、生活や健康への影響が深刻化しています。原発は、紛れもなく人類の未来に禍根を残すものとなりました。この事実をいかにとらえ日常をどのように未来へつなげるべきか、私たち自からの生き方が問われています。科学・技術、エネルギーと環境、いのちと健康など、関連領域の知見から広く学び、「原発と人間」についての理解を深めたいと考えています。多くの市民の皆さんと共に考え、未来への選択の第一歩としましょう!」


というもので、主な内容は

「本県に甚大な被害をもたらした東京電力福島第1原発事故発生から3年になるのを前に、会津若松市教委は3月8日午前10時30分から、会津若松市文化福祉センターで「『原発と人間』市民フォーラム」を開き、「原発」について科学技術やエネルギー、健康などの視点で理解を深め、今後どのように関わっていくべきかを考える。
 宇宙核物質が専門の久保野茂東大名誉教授が「エネルギーの源と人間活動」の題で、「幸せなら手をたたこう」の作詞者で生命倫理を専門にする木村利人早大名誉教授が「態度に示して『いのち』を生きよう」を演題に基調講演する。
 パネルディスカッションも行う。佐々木篤信会津大名誉教授を座長とし、久保野、木村両氏や、心療内科医の小林恒司氏(飯塚病院)、真宗大谷派西蓮寺住職の秋月亨観氏(会津若松市)、農民詩人の前田新氏(会津美里町)が意見交換する。参加者がグループ討論する分科会もある。」
(以上、福島民友 掲載記事、yahoo newsより転載)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140216-00010012-minyu-l07

尚、記事内にある農民詩人の前田新氏とは
My Blog、昨年の2/24にご紹介した方
(http://kaichama.blog.fc2.com/blog-entry-124.html)

僕らもスタッフとして
そして展示者…(福島県自然保護協会製作による
自然界への放射能汚染を扱った動画の上映)として参加します。
ぜひご参加ください。
また、周りの方々にもお知らせください。
宜しくお願いします !!


2014-02-20.jpg

詳しくは
こちら「会津若松・北公民館・トップページ」
http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp/docs/2007081001146/






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/200-43f60c4f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。