--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.15

サシバ

Category: 自然観察
2013-04-14.jpg




2013-04-14 (1)




2013-04-14 (2)
サシバ
(差羽、鸇、Butastur indicus)は、タカ目タカ科サシバ属に分類される鳥。
別名大扇(おおおうぎ)

鷹の渡りをみせる代表的な猛禽で
日本では4月ごろ夏鳥として本州、四国、九州に渡来…というか帰省し、
標高1000m以下の山地の林で繁殖する。

このサシバが、ウチの近く、大岩沢の周辺の森にも
この時期になると帰って来てくれる。

この写真は昨日の午後、散策の途中に写したもの。


今年は正確に言うと一昨日、4月13日の午後に飛翔を確認した。
勝手な思い込みだが、まるで僕に「帰って来たよ !! 」と挨拶をしてくれたかのように
何度も「ピークイッ、ピークイッ」と鳴きながら
ウチの上空で弧を描き、沢沿いの森へ消えた。


ちなみに日本以外でも中国北部、朝鮮半島で繁殖し、
秋には沖縄・南西諸島を経由して東南アジアやニューギニアで冬を越す。
(尚、一部は沖縄・南西諸島で冬を越す)

サシバは主にヘビ、トカゲ、カエルといった小動物、セミ、バッタなどの昆虫類を食べる。
稀にネズミや小型の鳥等も捕らえて食べる。

そして秋の渡りの時には非常に大きな群れを作り、
日本では第1番目の集団渡来地、伊良湖岬を通り、
別のサシバと合流して鹿児島県の佐多岬に集結し、南へと旅立つ。

ノンストップで12時間飛び続ける事が出来、
平均時速は約40キロ、一日の平均距離は480km前後。

■(詳細はウィキペディアより引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%83%90


仲間と共に 生きるため 
ひたむきに 自らの力で 
何ものにも頼ることなく 
海を越え 山を越え 遥か数千kmにも及ぶ旅を続け

やがて来る 長い旅の終わりには
いつかまた 母なる地球の 生命のひとかけらとして 
姿を変え 生かされるために
静かに ただ静かに 躯となることを受け入れる

そこに迷いなどはない

その潔さ その神々しさよ
彼らに学べき事は計り知れない
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/138-8102563d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。