--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
04.04

姑息な手口

原発事故後、国が多額の税金を投じて福島県内に設置しまくったモニタリングポスト。
2011年末、測定器設置事業に関わった「アルファ通信」に対して文科省が測定器の数値の“改ざん”を求めていたという事案が発覚したり、2012年10月には識者も参加する市民団体らの調査で「計測数値が意図的に低く抑えられているのではないか」という疑惑が生じたり…

■「福島の線量、意図的に低く公表か」 市民団体独自調査   2012年10月5日 朝日新聞web
http://www.asahi.com/national/update/1005/TKY201210050360.html


そして最近では大熊町の避難所に設置した放射線測定器のデータを、県が記録せずに消去していたという事案が発覚したり…

■「福島県、大熊の放射線測定データを記録せず消去」  2013年3月9日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20130309-OYT1T00505.htm

国民の生命と財産を守る立場であるはずの国や県のずさんな対応…
と云うか、「姑息な手口」によってデータの信ぴょう性が疑われる中で、またまたこんな事が起こった。


■「測定機器の移動」 
線量急低下に戸惑い 蓄積データ断絶 県「意義説明、理解得る」   2013年4月3日 福島民報
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/04/post_6806.html

 県が放射線量の主要モニタリングポストを移動したために一部の測定値が大幅に低下した問題で、地元住民には「地域の放射線量の代表的な数値として見ていたのに、急に変わるなんて...」と戸惑いが広がっている。東京電力福島第一原発事故後、蓄積されてきた測定値の推移との比較ができなくなり、「簡単に動かしてよかったのか」と疑問視する声も出ている。

■気になる数値
 郡山市のパート女性(57)は2日、県発表の郡山合同庁舎に設置されたモニタリングポストの測定値が半減しているのを見て不思議に思った。その後、測定場所が変わったのが原因と分かった。
 市内の放射線量の傾向を把握する数値として、公表された測定値を気に掛けてきた。放射線量の低くなる傾向は最近緩やかになっていると感じていた。そんな時に毎時0.5マイクロシーベルト程度だった数値が同0.2マイクロシーベルト台に低下した。「今までの放射線量はいったい何だったのか」と訴えた。
 一方、原発事故発生以降、同じ場所で定点観測されてきた空間放射線量のデータの継続性が途切れる結果に首をかしげる住民も。
 郡山市と同様にモニタリングポストの移動で測定値が半減した南相馬市原町区の仮設住宅に住むアルバイト男性(55)は「今後の測定値と以前の数値との比較ができなくなる。データを蓄積してきたのに、それでいいのか」と疑問を投げ掛けた。
 東京電力福島第二原発で、作業員の被ばく量などを管理する業務に長年携わっていた。それだけに今回の県の対応に不満も感じる。「もっと県民に分かりやすく説明するべきだ」と話した。

■見やすい場所に
 変更前の可搬型ポストは、県が東京電力福島第一原発事故に伴う緊急措置として県有施設の駐車場などに設置していた。当時は長期的な測定を想定していなかったため、ポストが駐車スペースを狭めたり、電源の配線が通行の障害になったりする課題が発生。今回、長期的な測定に向けて固定型ポストに切り替える際、邪魔にならず、住民が見やすい場所に移動したという。
 測定値が急に変わり、戸惑う住民が出ていることに、モニタリングポストを担当する県放射線監視室の担当者は「固定型ポスト設置の意義などをよく説明し、丁寧に理解を得ていくしかない」と今後の対応を説明する。
 また、福島第一原発から放射性物質が再び拡散した場合にすぐに空間放射線量の上昇を確認し、住民に知らせる狙いがあるとし、「今後の測定値の変化を見ていくことが重要だ」と強調した。

■個別に算定を
 測定値が大幅に変化したことについて、放射線防護が専門で県放射線アドバイザーの松田尚樹長崎大教授(56)は「空間放射線量の変化を気にしながら生活している住民にとって、分かりにくい状況といえる。不安を助長しかねない」と指摘した。さらに、放射線量の変化を把握する上でも「どんな理由があるにせよ、同じ場所で測り続けるのが定点観測の基本。測定データが断絶してしまう」と対応を疑問視した。
 原発事故により放射線の懸念が高まる中、県は住民生活への影響を調べるため地表近くでの測定を実施している。地表近くで放射線量を測定すれば、周囲の建物や放射性物質がたまった所などの影響を受け、測定場所によるばらつきが出やすいという。公表された数値で個人の被ばく線量を推計することは難しく「個別に算定するしかない」と話している。

【背景】
 県は県内七方部の県有施設各1カ所に設置したモニタリングポストで測定した空間放射線量の1時間ごとの数値を公表している。このうち福島、郡山、白河、会津若松、南会津、南相馬の6市町のポストを可搬型から固定型に取り換える際に測定場所を変えた。いわき市は先行して固定型が設置してあった。郡山市では約80メートル移した結果、移動前の先月31日午前10時の毎時0.52マイクロシーベルトから、移動後の2日午前10時は0.28マイクロシーベルトに低下した。南相馬市では約45メートル移動し、毎時0.30マイクロシーベルトから毎時0.15マイクロシーベルトに半減した。場所を移動する前後の測定値の推移は【図】の通り。

福島民報04-02


何らかの意図があるにしろ無いにしろ、このなんともお粗末な県行政の長である佐藤雄平知事は、県庁で4月2日に会談した東京電力の広瀬直己社長に対し、福島第1原発の停電で使用済み核燃料プールの冷却システムなどが停止した問題について「この2年間、不安を抱いて過ごしている県民の思いを分かっているのか。東電に誠意は本当にあるのか」と怒りをあらわにした
…との事なのだが、呆れかえって笑ってしまうしかない。

「あんたにこそ、誠意は本当にあるのか !!」だーっ!!。

「冷却停止で東電社長陳謝 佐藤知事、怒りあらわ」  福島民友新聞 4月3日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130403-00010002-minyu-l07



【本日のお口直し】
早春の里山を淡く彩る樹木 「マンサク」 (マルバマンサク)

2013-04-02マンサク



2013-04-02マンサク (1)

■マンサク科マンサク属の落葉小高木。
 マンサクの語源は明らかでないみたいですが、春、早くに咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものともいわれているようです。

花言葉は「幸福の再来」…むむむ。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/134-e1fcf458
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。