--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.14

雪の働き

Category: 共生への道
会津の雪は たいしたもんだ
冬になっと忘れねで 降ってくる
たいしたもんだ

会津の雪は たいしたもんだ
田んぼ一面 一晩で銀世界にすっから
たいしたもんだ

会津の雪は たいしたもんだ
この雪あっから水うめえ
この雪あっから水涸れね
たいしたもんだ

会津の雪は たいしたもんだ
しんしんと降って
誰の耳さもじゃましねえ
たいしたもんだ

会津の雪は たいしたもんだ
春の足あと聞きつけて
静かに ひっそり 消えてゆく

たいしたもんだ



福島民報の誌面に、
ランダムに選ばれた一般人が一定期間、
それぞれの想いをつづるコラムがある

この詩は、僕らの知人の Kさんが
「雪は嫌だ、嫌だという人が多いけど
雪のことがちょっと可哀そうになって
こんな詩を書いてみました」
との前置きをして最近寄稿した詩である

こういう視点や感性に出会うと
心から 心から ほっとする

2013-02-14メジロ

庭の柿をついばむメジロ
この方々の働きが 森を育み
森は豊かな水を育む・・・

やがてそれらの恩恵は 人間の生命をも育んでくれる

感謝 ただ感謝
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/121-df722f45
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。