--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
02.08

ビリビリ詐欺

東電、虚偽説明で原発調査妨害 元事故調委員が指摘
共同通信  2013/02/07 13:24

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、国会が設置した事故調査委員会が昨年3月、1号機原子炉建屋内で地震による重要設備の損傷の有無を調べようとした際、東電側が「現場は真っ暗」などと事実とは異なる説明をしたため、調査断念につながっていたことが7日、分かった。

 東電とやりとりした科学ジャーナリストの田中三彦元委員は「虚偽説明で調査を妨害された」として7日、衆参両院議長と茂木敏充経済産業相に、非常用復水器(IC)と呼ばれる重要設備の調査を文書で要請した。
 東電は「現場の危険な状況を説明する中で誤りがあった。意図的に虚偽の説明をしたわけではない」と釈明している。


ははん。どうやら東電のヒトは日本語が分からないらしい。
日本では一般的に「事実とは異なる説明」をする事を虚偽と云うのではないのかい ?

そして同じく共同通信からの関連記事。

「東電は国会を愚弄」と批判 元国会事故調の田中氏
共同通信 2013/02/07 18:15

 福島第1原発事故で1号機の重要設備が地震で損傷したかの調査をめぐり、東京電力が事実に反する説明をしたと指摘した国会事故調査委員会の田中三彦元委員が7日、東京都内で記者会見し「(東電の説明により)暗闇の中では危険と考え、調査をあきらめた。東電は国会を愚弄した」と批判した。

 
田中氏は7日午前、衆参両院議長らに、非常用復水器(IC)と呼ばれる重要設備の調査をあらためて実施するよう文書で要請。会見で「地震による損傷が見つかれば耐震基準を見直すなどの影響が出るだろう」と述べた。


愚弄されているのは国会だけじゃない。
我々日本国民もまた愚弄され、そして騙され続けているのだ。

電気使って、ヒトをバカにしながら騙して儲けている。
ビリビリ詐欺とでも呼ぶか。


それにしても、こんな子供だましを何度重ねれば気が済むのだろうか。
とても真っ当なヒトの神経とは思えない。

もしかしたら何かしら御病気なのかもしれないナ。
ま、御病気なら仕方ないとも思えるが…

そんなごビョーキの方々が、可哀そうにも
とてつもなく危ない仕事に携わっているというのは
…いかがなモノなのだろうか…と。



さて、怒ってばかりでは体に毒なので
ちょっと口直しに昨日のショット。
ウチの柿の木に残った、わずかな実をついばみに来た「シジュウカラ」と「ヤマガラ」


2013-02-07シジュウカラ (1)




2013-02-07ヤマガラ-2 (2)


彼らの他にもヒヨドリ、メジロ、コガラなんかがこの柿の木に集まってきます。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://kaichama.blog.fc2.com/tb.php/119-cea1b228
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。