--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
01.29

アオゲラ尊し…

Category: 自然観察

昨日撮れたアオゲラの写真が納得いかない。
しかも昨日よりも天気がいい。

朝から居てもたってもいられず
昼メシは伊佐須美公園で日向ぼっこしながら食べよう
…という事を口実にして、再び
公園と鎮守の森にアオゲラに会いに出かけた。

で、昨日見かけたケヤキと同じ場所で
無事、再会することが出来た。

2014-01-29-2 (1) 
 



2014-01-29-2 (3) 




2014-01-29-2 (2) 
ああ、君よ君、何を思うや…


ところで、キツツキという鳥。
そのスジ ? では「森のお医者さん」或いは「森の番人」といわれている。

キツツキが木に穴を掘っているのを見ると、
自然を壊しているようにも思えるが、決してそうではない。

キツツキは弱っている木、枯れそうな木を選んで穴を掘っている。

これらの木には幹に虫などが巣食っていることが多く、
キツツキはそうした木から虫をくちばしでつまみ出して食べることで
虫を駆除する役割を果たしているわけなのだ。

そしてキツツキに穴を掘られた木は、
数年もたつと自力で穴をふさぎ
ふたたび元気に成長を続ける事が出来る。

そして立ち枯れとなっている木は倒木となり、
やがて土に戻って森の栄養となり、新しい森の生命を育てる。

自然界は、こうしてすべてが支え合い、
つながり合い、そして循環している。

この奇跡と不思議には、今更ながら只々感動なのだ。


我が人生。そろそろ老い先も短くなってきたけど
せめて最後はこんな風に生きて行きたいナ…と、また切実に思うのだが

これが人間の業なのか、今が我が身を再び顧みれば
それとはおおよそ程遠い事に改めて気づく也。

ああ、人間なんてララぁララララ、ラぁ、ラぁぁ (by 拓郎) … (T_T)




スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。