--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.07

民主国家 閉店記念日

Category: 雑感
2013年12月6日、
日本という名の極東の島国が、
近代掲げてきた民主主義という「のぼり旗」を、
何故かバサバサと大急ぎで撤収した。

これにて民主主義国家ニッポン。
いよいよ閉店である。

もっとも、この国が掲げていた民主主義なんてものは
戦後の歴史上の出来事を顧みれば
話題のトマミちゃんのごとき虚偽誇大広告であった事は明らかなので
奴らはこの度、その事を開き直って堂々と認めた…
というコトだけなのだが。

いずれにせよ、これで堂々と権力にモノを云わすことができる。

引きずり降ろした日の丸に代わり、再び「旭日旗」を掲げ
キナ臭い道を堂々と歩めるだけでなく
管理下に入れた福島第一原発や青森では
何が起ころうとも国家秘密として闇から闇へ葬られる。

真実を誰も知ることは出来ない。
真実を口にすれば犯罪者のそしりを受ける…


さて、そんな情けなくも恐ろしい茶番の行われていた頃

遥か南の国で、民衆の自由と人権のために、
命を賭けて差別や権力と戦い続けてきた
この世界の良心が、また一つ 星になった


ネルソンマンデラ


「自由や正義への我々の闘争は人々の力を合わせて行うものだ。
そこに生きるすべての人のために、
より良い世界を作り出すのはあなた自身だ」
ネルソン・マンデラ

ご冥福を心より祈ると共に、
マンデラ氏の言葉を今一度、
心に刻もう

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。