--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
11.27

愚行 ふたたび

強行採決、全国で怒りと不安 秘密保護法案、衆院通過

2013年11月27日朝日DIGITALI
http://www.asahi.com/articles/TKY201311260511.html


立てる腹がいくらあっても足らない今日この頃
権力者による愚行が、また堂々と行われた。

何故、このような愚行がまかり通るのか。
何がその背景に潜んでいるのか。

このところ、世間を賑すNEWSに、
いくつかのキーワードが隠れている。

お隣の国、中国は今、かつてのわが国のように
バブル崩壊の危機にさらされている。
要人たちはそれを見込み、既に次の手を画策しているはずである。

何よりも、経済効果を生むのは軍備の増強だ。
中国国民の対日感情はそのために欠かせないツールだ。
そして尖閣諸島の領有権問題はそのツールを操るには
もってこいの素材である。

一方、アメリカもまた経済の破綻を目の前に…
というか既に破綻しているようだが。
何とかするのに手っ取り早いのは、前出の通り軍備の増強である。

しかし、世論もあり、自国内での拡幅が難しい。
で、遥か極東にある基地なら…。

そして極東民の対米感情をコントロールするために
イメージ戦略としてアメリカの良心の娘を極東に送りつけた。

そんな中、沖縄の県外移設を公約に掲げてきた
沖縄県の国会議員全員が寝返った。

また、憲法改正(改悪)も尖閣問題をエサに
メディアを操りながら着実に歩を進めている。

しかし、中国もアメリカも、そしてわが国も
この時代に、本当に戦争をおっぱじめるような
そんなリスクを犯しやしないであろう…と思う。

むしろ、裏で協定を結び
国民感情を上手く操りながら
互いの軍備の維持と増強を正当化していきたい…

オレなら、そう考える。
勿論、今のところは…だが。

しかし、これらの裏工作が表ざたになればヤバイ。

そこで、米国 (或いは多国籍軍) の軍備増強にも裏で加担し、
しかも密約を表ざたにさせないための
法律の制定が必要になった。

その法律は同時に、
原発事故の本当の姿を覆い隠せるというメリットや
原発を裏で支える資本家達のもくろみをも覆い隠すことも出来る
…というメリットも持つ。

しかし国民からの風あたりは強い。

そこにうまい具合に飛び込んだのが
東京都知事のスキャンダルだ。
これで多くの国民の永田町への憤りは分散する。
偶然 ? にしても、ラッキー !!


さてさて、この脚本の行方やいかに…。


【本日のお口直し】

夕景に浮かぶ飯豊山

DSC_0005.jpg


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。