--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
09.12

大変遺憾でボンソワール

腕が3本ある力士の風刺画 仏紙、五輪と原発事故やゆ

(9月12日 朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/international/update/0912/TKY201309120040.html


bandicam 2013-09-12 17-27-28-389

仏週刊紙「カナール・アンシェネ」に掲載された五輪招致と福島原発事故を絡めた風刺画=時事


【パリ=稲田信司】11日付のフランス週刊紙カナール・アンシェネは、腕や足が3本ある奇形の力士が相撲をしている場面を描いた風刺画を掲載した。2020年の夏季五輪の開催地に東京が決まったことに合わせ、東京電力福島第一原発の汚染水問題をやゆしたものとみられる。

 風刺画には、爆発した原発施設を背景に、腕や足が3本、手と足の指が3本のやせた力士が土俵で向かい合い、防護服を着たリポーターが「すばらしい。福島のおかげで相撲が五輪競技になった」と実況している様子が描かれている。

 カナール・アンシェネは政治家や経済人のスキャンダルを暴露する記事などを掲載することで知られる。毒のある風刺画も売り物の一つになっている。

 フランスでは昨年、国営テレビがサッカー日本代表のGK川島永嗣選手に腕が4本ある合成写真を流し、司会者が「福島の影響」と発言する騒ぎもあった。

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、フランス週刊紙カナール・アンシェネによる風刺画掲載について「東日本大震災で被災した方々の気持ちを傷つけ、福島第一原発の汚染水問題に誤った印象を与える不適切な報道で、大変遺憾だ。大使館から同紙にしかるべく抗議する」と述べた。
 


「大変遺憾」って、おいおいおい管ちゃんよぉ。
原発事故後、福島県民を傷つけ続けているのはいったい誰なんだよ。
不適切な報道で県民や国民を欺き続けているのは、何処のどいつなんだよ。(-_-;)
この国のお偉方の相変わらずの厚顔無恥さ加減。
あ~あ。バカは○ななきゃ…。てか。

さて、汚い裏交渉やジャパンマネーのばら撒きで奪い取ったであろう、この五輪招致について、
福島県双葉町から避難されている亀屋幸子さんは、9月11日に経産省正門前の脱原発村で行われた抗議集会に参加し、こう訴えた。

「オリンピックが決まった時、悔しくて悲しくて涙が止まりませんでした。私たち(福島の事故)の時も、国会議員の先生たちがオリンピックのように一丸になってくれていたら放射能対策も避難ももっと早くできていたのに」(※)

そして

「オリンピックが来ると資材も人材も東京に来て福島の復興が遅れる」(※)

「オリンピックをやってもいいけど東北の電気を使わないで下さい。その代わり東京湾に東電の原発を作って下さい」(※)

…とも訴えてるのだよ。
 
(※)田中龍作ジャーナル 2013/9/11「オリンピックに東北の電気を使わないで下さい」より引用


厚顔無恥(こうがんむち)の語源・由来 - 語源由来辞典より
厚顔無恥の「厚顔」は、単独でもあつかましく恥知らずなことを意味する。 中国最古の詩集『詩経』に「巧言くわうの如く、顔の厚きや」とあり、言葉巧みに乗り切り外面を良く見せ内面の恥を隠すことを意味した。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。