--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.15

ボタンヅル

ご多分にもれず、こちら会津でも酷暑が続く中
先週末から弟一家が夏休みで遊びに来てくれた。
そしてリハビリ中の母をあちらこちらに連れ回しながら12日まで共に過ごした後、
鎌倉の病院で16日に術後の検査を受ける母を連れて、暑い暑い関東へと戻って行った。

そんな中、気がつくと家の周りでは
ボタンヅルの花が満開となっていた。


2013-08-14.jpg





2013-08-14 (1)





2013-08-14 (2)

■ボタンヅル(牡丹蔓、学名:Clematis apiifolia )は、キンポウゲ科センニンソウ属の落葉つる性半低木■

愛らしく清楚なたたずまいのせいか
花言葉は「心地よい空気」とか「休息」とか言われているが
全草に毒性があり、切り口に接触すると皮膚炎を起こす。
きれいな花にはトゲ…なのか。

しかし、今こうしている間も、フクシマ第一原発では
「心地よい空気」とか「休息」という言葉とは無縁な世界で
酷暑に耐え、劣悪な環境下で汗と冷や汗を流しながら
働き続けている人たちがいるのだ。

その作業員に関するこんなニュースが13日、飛び込んできた

■熱中症予防の霧浴び東電社員10人被ばく 放射性物質が混じる?
2013/08/13 【共同通信】
http://www.47news.jp/news/2013/08/post_20130813095059.html

…のだが、今日、こちらのブログ
「真実を探すブログ http://saigaijyouhou.com/blog-entry-702.html#comment2965
を覗いていたら

「東電、ミストで被ばくした作業員の被曝量を10Bq/cm2から19Bq/cm2に上方修正!全身を被曝した作業員も!19Bq/cm2=19万Bq/m2=3840Bq/kg! 」
という見出しが。

ちなみに19Bq/cm2は19万Bq/m2。Kgあたり3840Bq。
この数値は食品安全基準の38倍で、水道水の基準値の384倍だ。

■情報源は東電発表のPDF
「バス待ち時における身体汚染確認者の状況について
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_130814_15-j.pdf

今この時点で、まだこの情報はマスメディアでは報道されていない。
どういうワケなのか…。

※この他にも、このサイトには東電発表の資料が公開され分かり易い説明がなされています。
是非、覗いて下さい。

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。