--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
08.04

ベッコウハゴロモ

Category: 自然観察
ウチの庭に実生で育ち始めたクルミの若い幹が、
この数日、なにやら賑わっているのです。


08-04.jpg

知る人ぞ知る、そして知らない人はまったく知らない (当たり前じゃん)
「ベッコウハゴロモ」の一族が皆そろってお食事中なのでした。

ちょっと見「蛾」のようなベッコウハゴロモは体長1cm程。
セミやカメムシに近い昆虫。
名前の由来はベッコウに似た半透明の前翅を持つことから…らしいです。

08-04 (3)
ベッコウハゴロモの成虫。一見、蛾みたいだけど…




08-04 (4)
横から見ると確かに「蝉」っぽいですね。

ウチでは昨年もこのクルミの樹が人気だったけど
一般的にはクズ、ヤマノイモ、ウツギ、
そしてミカンなどの茎から吸汁することで食餌を得ているようです。

08-04 (6)
もーちょっと寄ってみましょうか…おお、確かに確かに。
しかも眼を細めて美味しそうに吸っている…ように見えますね。


ベッコウハゴロモは危機を感じると驚いたように垂直にジャンプしますが
翅は大きなだけで飛翔には使われないとの事。
確かに、数日たっても、ほぼ同じところをウロウロしてますね。

そしてこの昆虫がスペシャルなトコが、幼虫の姿。

08-04 (1)
幼虫は尾端に近い部分が綿毛のような
白い蝋物質で覆われているのです。


でも、これが何の役に立っているのかは
「よく分からない」との事なのですが、
幼虫も成虫と同じように後肢でジャンプするらしく(未確認)
もしかすると着地のショックを和らげる役割を果たしているのかもしれない…との事デス。

更に近づくとこんな感じですね。あ、成虫と同じ眼、してますね。

08-04 (2)

「人間はバカだねー。にひひひひ」てな感じ。
と、良く見てみると背中に何やら白いカメの甲羅のよーなもんが乗ってますね。

実はこれはハゴロモ君とは別モノで「ハゴロモヤドリガ」という蛾の幼虫が寄生してるトコ。
「んじゃ、せっかくちゅーちゅー頑張って吸った栄養奪われて大変じゃん !!」
…と思ったのだが、どうやら寄生されたハゴロモ君たちに、ほとんど影響はないらしい。

もしかすると何らかの共生関係にあるのかも…。

不思議満載の庭のヒトこまでした。

さて

【本日のお口汚し】

【福島第1原発の汚染水】トリチウム40兆ベクレル
規制委「土の壁」越え流出指摘/対策怠り大量流出に


共同通信 2013/08/03
http://www.47news.jp/47topics/e/244383.php

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。