--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.19

believe ふたたび

12月16日(金)
この夏に水害のあった只見川沿いの町
三島町の三島中学校からのオファーで
生徒さんと保護者、そして先生方を対象にしたコンサートを行った

2011-12-16三島中学
久々の只見川 朝から降り始めた雪が水面を舞う 水位はまだ回復していない


保護者会の主宰による特別授業として行われたコンサート
本来は「放射線による影響」についての講演が予定されていたそうだが
色々あって、我々のコンサートになった

その関係で「音楽以外にやっている普段の活動についてのお話もして下さい」とのリクエストがあり
人と自然の関わりや「森のこめら」の活動
そしてちょっとだけ「脱原発」の運動の話しも…

2011-12-16三島中学


                2011-12-16三島中学


三島中学の生徒さんは全校で28人
「過疎」そして「限界集落」という
住民の方々に対しての心無い言葉が…
「心無い言葉」という思いとは裏腹にリアルに浮かぶ

会場になった音楽室の窓の向こうには針葉樹の裏山が迫る
その裏山と学校の間には只見線の線路が走る

この只見線もご多分にもれず 万年赤字を抱えたローカル線
水害が致命傷となり 近々川口駅から新潟までの区間が廃線になる

その針葉樹や線路を 白く 白く染めながら
しんしんと 雪が舞い降りる

2011-12-16三島中学

「果たして今時の中学生が一緒に唄ってくれるだろうか」という懸念を抱きがらも
コンサートの最後には「みんなで一緒に唄いたい」と思い
過日、若松に避難している大熊町の子供達と一緒に唄った「believe」を用意した

その懸念は 皆さんが唄い出した途端 吹っ飛んだ

澄み切った 彼らの歌声は 
演奏する私達の体を突き抜け 針葉樹の森を駆け抜け
白濁した空へと 堂々と羽ばたいて行った 

♪ I believe in future 信じてる ♪





スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。