--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
12.20

X'mas コンサート2011

12月17日(土)
先日のblogでお知らせをさせていただいた
X'mas コンサート2011 <音楽のメッセージ>
喜多方市にある日本基督教教団、
喜多方教会にて開催

2011-12-17-18喜多方・雪の日

            

           20111208213344d61s_20111219224614.jpg


                         2011-12-17-18喜多方・雪の日


             2011-12-17-18喜多方・雪の日
ジョイントしたユニット Yumi & Shin 。Yumiさんのブルージー、かつ澄んだ歌声にお客さんはうっとり。
ギターのShun君は会津を…いや、同業の僕的には日本では稀有なホンモノのギタリストだと思っている。


2011-12-17-18喜多方・雪の日

2011-12-17-18喜多方・雪の日
Fairy Land & Iku Karahashi   お陰さまでオヤジギャグが受けた (-_-メ) んー


2011-12-17-18喜多方・雪の日 

 2011-12-17-18喜多方・雪の日

Yumi & Shin、Fairy Land & Iku Karahashiのコラボによる「きよしこの夜」
右は受付のお手伝いをいただいたもう一人のYumiさん。いつもありがとうございます。


さて明らかに自慢話となってしまい恐縮だが
暖かな拍手とアンコールの声をいただいた
…が、何も用意していなかった

そこで急遽、1曲目に唄った「私の子供達へ」を
お客様に覚えて帰っていただこうと思い立ち
みんなで一緒に唄った

以前もblogにupしたが もう一度、詩を掲載しよう


      
      「私の子供たちへ」  詩 笠木 透

目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている鳥たちが 生きて飛び回る空を 
あなたに残しておいて やれるだろうか 父さんは

生きている魚たちが 生きて泳ぎ回る川を 
あなたに残しておいて やれるだろうか 父さんは

生きている君たちが 生きて走り回る土を 
あなたに残しておいて やれるだろうか 父さんは

目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう



終了後、いつも演奏を聴いて下さっている青空カフェさんから
「震災後、選曲と演奏が少し変わりましたね。
 以前よりもずっと深く、そしてよりはっきりと
 3人からのメッセージが伝わってきます。
 ありがとうございました」
というお褒めの言葉をいただいた

だが、この、いただいた言葉に、
こちらこそ「音楽のチカラ」と
僕らが伝えるべきことに
改めて気づくことが出来た

こちらこそ 本当に心から感謝です。ありがとうございます。

そして会場を提供下さった喜多方教会の皆様
お手伝いをして下さった皆様
改めまして、ありがとうございました。














Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。