--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
09.18

自然観察会 in 蓋沼

昨日、17日は美里自然楽校の9月の活動日
当初予定していた活動のメニューは
「キノコ狩りを兼ねた自然観察会」だったが、
キノコへの放射能の影響を考え
自然観察に重点を置いた内容となった

台風第15号が近づいているせいなのか
朝から蒸し蒸しとし、天気もイマイチだったが
会員、指導員20名ほどのパーティで
学校のフィールド、蓋沼森林公園内を元気に散策した。

2011-09-17 (14)   2011-09-17 (12)
駐車場からの歩き始めは汗だくになったが、森の中に入るといきなり涼しくなった。
木陰という事もあるが草樹木の「蒸散」作用によるところが大きい。自然の働きに感謝。


   2011-09-17 (13)     2011-09-17 (21)
    ヤマボウシの実が赤く色づき始めた。 みんな1つぶづつ試食させてもらった。


2011-09-17 (11)    2011-09-17 (10)
途中にある「ほこら」を囲んで一休みをしながら、ほこらにまつわる話を指導員の最長老Tさんが一席。
郷土の歴史から自然と人との関わりを学ぶのも、とても大切なこと。
右の写真は「ほこら」の近くにあった狸のタメグソ (-_-メ) ふ~ん


ノシメトンボ    2011-09-17 (3)
森の遊歩道の周辺には必ず大きくなったジョロウグモの巣がある。つかまってしまったのはノシメトンボ。
右の写真 青いキャップの子が持っていた虫籠にはバッタやトンボが入っていた。そこに白いキャップの男の子が、捕まえたカマキリを入れてしまったので籠の中は大騒ぎ。
こうして子どもたちは自然界の営みのリアルな一面を知る。



◆会津美里町農林課測定による蓋沼森林公園の放射線量◆  ※画像をクリックするともう少し大きく見られます
放射能測定結果-1

このように、アスファルトの上は雨水によって多少流されたせいか低い数値だが、セシウムが付着しやすい土の上の数値は高い。尚、昨日、我々で管理棟の雨どいの出口付近を測ったところさらに高い数値を示した。明日、農林課に通達する予定。尚、この表は参加者全員に配布した。



【2011年9月17日の写真集】
09-11ツリガネニンジン-3     2011-09-17 (4)
ソバナ (Yuukoさんご指摘ありがとうございます !)              ツルリンドウ

2011-09-17 (5)   09-17キンミズヒキ
ホツツジ                         キンミズヒキ

2011-09-17 (17)     2011-09-17 (7)    
ヤブマメ                                     ホタルブクロ


2011-09-17 アキノキリンソウ    2011-09-17 (25)
アキノキリンソウと松田勇作モドキ ? なんじゃこりゃ ?          ツリフネソウ


     2011-09-17 イヌタデ      2011-09-17 イヌゴマ
     左はイヌタデ 右はイヌゴマ わん !


2011-09-17 オケラ      2011-09-17 カラハナソウ
オケラ                           カラハナソウ


2011-09-17 クサボタン   2011-09-17 シュウカイドウ
クサボタン                       シュウカイドウ


   2011-09-17 ツルボ   2011-09-17キブシ
    ツルボ                          キブシの実


2011-09-17 ハナタデ   2011-09-17 ムネアカサルハムシ
ハナタデ                                 ゲンノショウコとムネアカサルハムシ

去年の今頃のように 夏の終わりを告げる花々が開き
自然界の営みは 確実に遷ろいゆく

さて 人の世よ 何処へ





Comment:3  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。