--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
08.22

痛恨 山本美香さんの死

Category: 平和への道
夕べのニュースで見た映像の影響によるものだろう
昨夜、夜半、山本美香さんの死の瞬間を夢に体感し 
目が覚めた

埃っぽいアレッポらしき街角で
傷だらけのD70sを手に うろつき回る僕
と突然、目の前に現れた真っ黒な影の軍団が手にする銃口から
鉛色に鈍く光る銃弾が
スローモーションでゆっくりと飛んで来て 
僕の喉元をえぐるように貫通した

熱く赤黒い塊が喉を締め付け
苦しくて 苦しくて目が覚めた

そして眠れぬままに朝を迎えた


何とも言葉にならない悔しさと憤りが
ずっと ずっと くすぶっている

人間とは いったい何様なんだ…

2012-08-20会津盆地

昨日、山本さんの死を知り、思わず駆け登った裏山の山腹からの眺め (磐梯山と会津盆地)

何事もなかったかのように晴れ渡る青い空
この青空に続く遥かアジアの果
同じ空の下で
真に誇り高き魂の持ち主が 
またひとり 消えていった

そして今 この瞬間にも
何ら罪のない 子供が 女性が 人々が
銃弾の雨に打たれ 命を失って逝く

合掌
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2011
08.30

ねじれた国

Category: 平和への道
とんでもない状況にも関わらず
相変わらず民意不在のままの茶番劇を繰り返し
色んな意味でねじれ、歪んだままの
この国の[首]が、また挿げ変わった

さて、こんどの[首]やいかに
改めて氏にまつわる あれやこれや…。

■平成十七年、「『戦犯』に対する認識と内閣総理大臣の靖国神社参拝に関する質問主意書」なる意見書で「A級戦犯は戦争犯罪人でない」という歴史認識を披露しておられる。
ゆえに、氏が自民党との大連立を指向したのはもっともな話し。

■今回の5人の候補の中で、増税による財政再建を明言していたのは氏のみ。
また「現在の経済状況においての有効需要創出という観点において、東日本大震災は千歳一遇のチャンスである」と豪語するのも氏。
人の弱みに付け込んで「ガッポガッポ」てか ?

こんなエピソードも  (※青文字をクリック下さい)

前原外相 (及び野田財務相、蓮舫行政刷新相 当時) 外国人から献金 / 規正法に抵触 暴力団関係者からも [しんぶん赤旗2011.3.5]
 
脱税疑いの社長、野田財務相側に献金 2年間で50万円 [MSN 産経ニュース2011.6.11] 

野田財務相「返金検討」 品川美容外科創業者から献金300万円 [MSN 産経ニュース
2011.6.16]

■“首相候補”野田佳彦・財務相の「雇用調整助成金還流疑惑」[News ポストセブン2011.06.20 ]

はたまた2006年の「偽メール事件」に関連して…

獄中のムネオが民主議員にメッセージ「野田だけはダメだ」 [ゲンダイネット2011.8.15]
「増税などの政策的なマズさ以前に、野田氏は絶対に代表にはなってはいけない十字架を背負っている。(裏取りもロクにせず、イケイケで永田をけしかけて) 後輩議員を死に追いやった暗い過去を忘れてはならない」
(中略) 弟分の命も救えなかった野田に、国民生活が救えるわけがないのだ。(以上抜粋)

そして気になる原発政策は…

原発見直し、電力確保へ再稼働急務 地元不安払拭が鍵 [MSN 産経ニュース2011.8.29]
「野田氏は、代表選で電力不足が経済に与える悪影響を強調しており、まずは原発の再稼働で電源を確保することが急務となる。菅政権で強まった立地自治体の抵抗感をいかに払拭できるかが問われる。(中略)
 野田氏は代表選の討論会で『原発を再稼働させずに電力不足になれば、経済がもたない』と語るなど、定期検査などで停止中の原発の再稼働に前向きだ。」 以上抜粋

とまあ、はっきり言ってバリバリの推進派。

更には財務省の操り人形とも…

詳しくはこちらクリック 【現代ビジネス / 2011.08.30 週刊現代】

さぁて、お次はどんな茶番が飛び出すことやら…

それにしても、国の行く末を左右する長を選ぶに際して
国民の意思が反映できない国…
民主国家って いったい なんやねん ?



【今日の原発関連ニュース】
リンクいただいている北海道のyuuko さんのblog[山のおもむきⅡ]に、皆さんに是非ご覧いただきたい動画が紹介されています。8.29付けblogの素敵な写真を下に追って行くと2つの動画が見られます。
1つは僕も貼らせていただきますが、もうひとつは是非[山のおもむきⅡ]でご覧下さい。


Comment:2  Trackback:0
2011
08.29

1945 ヒロシマ ナガサキ~ 2011フクシマ

Category: 平和への道
25日のお知らせのように、先週末は2日に渡っての音楽活動。
いずれもが原爆詩の朗読とのコラボレーション。
平和へのメッセージを託したイベントであった。

■27日(土)は、ここ3年ほど一緒に音楽活動を行っている喜多方在住のシンガー、
唐橋郁さんの提案により音楽を中心に据えた企画で
タイトルは「2011 フクシマからの伝言」
喜多方市に在る[日本基督教団 喜多方教会]をお借りしてのコンサート。

                   喜多方教会の全景 
                   2011-08-27.jpg 

2011-08-27 (1)   2011-08-27 (2)
◆サウンドチェック風景                         ◆配布したパンフ
 本番はステージに居たので撮影出来ませんでした (ーー;) 

コンサートは二部構成で行われ、第一部を郁さんとのジョイントLive
第二部は原爆詩の朗読と、詩の合間に関連する歌を歌った。

正直、準備期間が短く、告知も遅くなってしまったので
集客はイマイチであった。
しかし、終了後に頂いた感想から、お集まりいただいた皆さんには
我々のメッセージが確実に届いた、と言う感触があった。

お忙しい中を、お手伝下さった皆様、ありがとうございました。
尚今後、このコンサートはシリーズ化をして続ける予定である。
また、よろしくお願いします。



■28日(日)は会津を中心に公演活動を行っている市民演劇グループ、
シアターFによる原爆詩の朗読劇「空 -1945 ヒロシマ・ナガサキ」の挿入歌の伴奏をお手伝いさせていただいた。

2011-08-27-28 049    2011-08-27-28 045
◆当日のフライヤー               ◆リハーサル風景 上手が僕らの演奏席 郁さんが座っている


劇団シアターFは2001年に結成され、以来、毎年夏には、代表作となった原爆詩の朗読劇を行い、
生命の尊さをコンセプトにした演劇などの公演活動を精力的に行っている。
団員は40代~70代のメンバー構成で現在16名。

尚、原爆投下直後の長崎の様子を撮影した米国人カメラマン、故ジョー・オダネル氏の奥方が会津若松市出身という事と、メンバーとも旧知の中という縁もあって、結成10周年を迎えた本年1月、奥方の暮らすアメリカ・ナッシュビルで、原爆詩朗読劇の海外公演を実現させた。

【アメリカ公演の様子】

また、劇団は長年の平和活動と、海外公演の功績により、平成22年度(第28回) NHK 東北ふるさと賞を受賞している。  

【NHK 東北ふるさと賞受賞】

こちらも二部構成で行われ
一部に原爆詩の朗読、我々はこちらに参加。
二部は3.11と原発事故をテーマにした詩の朗読で
福島を代表する詩人、和合亮一氏の詩などが詠まれた

2011-08-27-28 051    2011-08-27-28 067
◆ジョーオダネル氏の証言文の朗読シーン       ◆フクシマ原発 事故の歴史

会場では、感極まって涙をぬぐう人も見受けられ
改めて「ことばのチカラ」…を感じた。


ところで、こちらの会場も日本基督教団の[会津若松栄町教会]
野口英世にゆかりのある教会として観光名所の一つにもなっているのだが
そればかりでなく、この教会は信仰者であろうとなかろうと、万人に解放されている場所で、
シアターFさんを始め、様々な活動をする人たちのたまり場であり、オアシスでもある。

2011-08-27-28 054   2011-08-27-28 064
◆ステンドグラスの窓               ◆夕景の栄町教会


教会が中心となる平和活動も活発に行われていて
教会を振り出しに行われるピースウォークは毎春の恒例となっている。
また憲法九条を考える会もココが中心。

2011-08-27-28 050    2011-08-27-28 055
◆平和活動の拠点               ◆しかし教会の子どもの遊び場の砂場にはブルーシートが…


僕も信仰者ではないのだが9.11以降、色々とお付き合いをさせていただいていて
2006年には僕が企画をした、詩人故ナナオ・サカキ氏の朗読会の場所を提供いただいた。

尚、最近では脱原発を目指す会津の拠点の一つとして、活発な活動を行っている。
(※リンクさせていただきました、是非お訪ね下さい)


ここ会津ではお盆の頃、もう秋かと思われるほどに涼しくなったが
このところまた残暑が ぶり返した。

1945  あの夏を 忘れてはいけない。
2011  あの時を 忘れてはいけない。

雑草が生い茂り むせ返るような 淀んだ風のなかで 
蝉たちが 鳴いている

Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。