--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.16

たあくらたぁ  その-2

「さくデ」でのゲリラライブを終え、Oさん達とはとはここでお別れ
この夜は「たあくらたぁ」佐久の支部長、W氏 & K子さんのお宅にお世話になる事になった。

ところでW氏というのは…2011年7月19日のMy Blog http://kaichama.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
に登場した、僕が勝手に"Soul Brother"と思っている35年来の友人なのだが…

友人というよりも、彼は我が人生の恩師であり
その存在は、我人生の道しるべなのだ。

人生の大きな曲がり角にはいつも彼の存在があり
その生きざまを通して、僕の進むべき道を示唆してくれる。
今までも、そしてこれからも、氏の存在は欠かせない。


ところでW氏もその筋ではとても有名な庭師。海外でも高く評価をされ本も著している。
そしてパートナーのK子さんも、織物や料理などに素晴らしいセンスを持つアーティストなのだ。

シンプル・イズ・ビューティフルという言葉が、こんなに似合うカップルは少ない。
こんなご夫婦になれたらなぁ…と心から思う。

その氏の家へ向かう途中、氏がデザインと自ら現場を手掛けた
小諸駅前に造られた「停車場ガーデン」に立ち寄った。

既に暗くなっていたので上手く写真が撮れず
お見せできないのが、本当に残念なのだが、
氏のセンスの良さには、改めて脱帽である。

こんな駅前公園があったら、毎日の通勤や通学、お買いものも楽しいだろうなあ…と思う。
否、こんな素敵な公園なら、たとえ用事が無くても毎日ぶらぶらと歩いてみたいと思った。


某会津地方の行政関係者諸子よ、
農薬まみれの芝地と、お決まりのチューリップばかりを整列させているような
気持ちの悪い花壇、そして使う子供もいないのに遊具ばかり並べ立てるような
景観的にもセンスのかけらも無い、下らぬ農村公園などに
無駄な税金を垂れ流す前に、ここへ来てみろ!! んがー !! (@_@;)

※「停車場ガーデン」http://www.t-garden.org/

…っと、思わずとりみだしました。スンマセン。


さて、その素敵な公園を拝見した後は、いよいよ氏のお宅へ…。

標高1000mほどにある氏のお宅。
今夜は流石に冷える。

しかし今年の初焚きとなった北欧製の大型の薪ストーブの柔らかな暖かさと
K子さんの相変わらずの繊細でセンスの良い、本当に美味しい手料理が
少し冷え込んだ身体を温め、長旅と音楽三昧に少し疲れた身体を芯から癒してくれた。

そしてまた今夜も、話はいつまでも尽きない…。

そんな氏のお宅を、以下、ご紹介。

2013-10-12komoro-2-

玄関へのアプローチ



2013-10-12komoro-2- (1)

全部セルフビルドによる母屋



2013-10-12komoro-2- (2)

玄関の周辺



2013-10-12komoro-2- (3)





2013-10-12komoro-2- (4)






2013-10-12komoro-2- (5)

最近、ヒノキの間伐材を利用して自作したというデッキ。
眼下に小諸市や、正面に富士山、右には八ヶ岳が展望できる。



2013-10-12komoro-2- (6)





2013-10-12komoro-2- (7)






2013-10-12komoro-2- (8)





2013-10-12komoro-2- (9)






2013-10-12komoro-2- (10)





2013-10-12komoro-2- (11)





2013-10-12komoro-2- (12)






2013-10-12komoro-2- (13)





2013-10-12komoro-2- (14)





2013-10-12komoro-2- (15)





2013-10-12komoro-2- (16)





2013-10-12komoro-2- (17)






2013-10-12komoro-2- (18)






2013-10-12komoro-2- (19)


この美しい空間は、本当にどこを切り撮っても素晴らしいアートになる。
W氏はこの心地良い生活空間を20年、こつこつと時間をかけて造り上げて来た。
それは、今尚進化し続けているが、周囲の自然景観との違和感が全く無い。
見事に風景の一部として融け込んでいる。

それは、自然界の創り上げる、パーフェクトなデザインや絶妙なバランスを
知識としてではなく、五感と心で感じる事の出来る彼だからこそ成し得た事なのだ。



2013-10-12komoro-2- (20)

敷地内に在る菜園



2013-10-12komoro-2- (21)

今朝の収穫


部屋の小物たちも本当にオシャレで遊び心に溢れている

2013-10-12komoro-2- (22)





2013-10-12komoro-2- (23)





2013-10-12komoro-2- (24)




獲れたての野菜が食卓に並んだ

2013-10-12komoro-2- (25)





2013-10-12komoro-2- (26)



お恥ずかしい話だが、今回小諸に行くまで、少し落ち込んでいた。
相変わらずの第一原発や先行きの見えないフクシマの現状
そして、これだけの事が起こっているにもかかわらず
相変わらず金儲けばかりに「のたうち回る」社会や人々に
嫌気がさし、丁寧に生きるのが少し面倒臭くなっていた。

だが、旧友との再会は
どんな時でも、音楽と自然を愛しながら
人として丁寧に生きる事、貧しくとも美しく生きる事
そして手作りの楽しさ、大切さを改めて教えてくれた。

この人生で、この心優しき「たあくらたぁ」達に出会えたことを、今改めて心から感謝している。

ありがとう。また、逢いましょう !!
この同じ道の上で


2013-10-12komoro-2- (27)

「See you !! 会津の たあくらたぁ !! 」と西の魔女が見送ってくれた

スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
10.15

「たあくらたぁ」   その-1

10月12日~14日

懐古園や文人、島崎藤村との深い代わりで有名な長野県小諸市。
その小諸市と周辺に、自らを「たあくらたぁ」と呼び、
金儲けよりも、地球環境と人類の調和を目指し、
オルタナティブな生き方を模索し実践をし続けている旧友たちが暮らしている。

敬愛する「たあくらたぁ」達の住む小諸を、会津の「たあくらたぁ」が、
おおよそ10年ぶりに訪ねて来た。

※「たあくらたぁ」とは、長野県の東北中信地方および南信の一部で使われる
  方言で「バカ者」のこと。

新潟周りで高速道路を使えば5時間ほどでスイスイと行けるのだが、
会津の「たあくらたぁ」2名は、オンボロのパジェロミニにまたがり
南会津~日光~桐生~前橋~軽井沢と山道や下の道をとぼとぼと走り、
8時間半かけて小諸に着いた。
このスピード優先の時代に在り、正に「たあくらたぁ」である。

2013-10-12komoro.jpg

12日、会津を朝7時過ぎに出発し午後3時半過ぎ、
たあくらたぁ達の拠点のひとつ「小諸エコ ビレッジ」 に到着
 小諸エコ ビレッジのHP→http://www.komoro-ecovillage.jp/



2013-10-12komoro (1)

エコビレッジにある大きな「ゲル」。エコビレッジと小諸「たあくらたぁ」本部長Oさんを始め、
たあくらたぁ達が自分たちで建てた。流石「たあくらたぁ」の本場である。ハンパ無い。

さて今日はここで楽しいパーティ、そしてお泊り



2013-10-12komoro (2)

中は広々と快適。電気は全部LED。太陽光発電を利用している。
CDラジカセなんかも聴けるのだ



2013-10-12komoro (3)

この小さな太陽光パネルでゲルで使用する電力をすべて賄っている


さて、生きる上で、金や物のさほど必要の無い「たあくらたぁ」達だが、
こと音楽だけは欠かす事は出来ない。
しかも何故か皆ケルト音楽が大好きなのだ。

そんなワケでこの夜のパーティのメインはアイリッシュ音楽のジャムセッション。
皆さん持ち寄りの、手作りの美味しい美味しい食べ物を肴に、あっという間の夜が更けた。

※セッションにかまけて写真が撮れませんでした。しまったあー (T_T) あ~あ、アホ。


さて昨日までの夏日が嘘のように「霜注意報」まで出た13日の朝。
会津支部2名と共にゲルに泊った佐久市「たあくらたぁ」支部の部長W氏は
皆が凍えぬようにと早くから火を焚いてくれた。


2013-10-12komoro (4)




2013-10-12komoro (5)

ゲルサイトの近くにはこんな眺めの良い場所が。(標高約920m) ここで暮らすのも悪くないなぁ


2013-10-12komoro (6)

火を囲みながら昔話に花を咲かせ、コーヒーや昨夜の残りの「ほうとう」をズルズルとすすっていると
今回の押しかけ訪問をオーガナイズしてくれたOさんが愛用のフィドルを抱え早々に訪ねてくれた。
そしてしばらくすると、昨夜は残念ながら参加出来なかった
ギタリストのH君が小さな娘さんと共に訪ねて来てくれた。

そして「たあくらたぁ」達は、時間などという無粋なものを忘却の彼方に追いやりつつ、
ひたすら音楽に興じるのであった。
やはりこいつらが「たあくらたぁ」以外の何者でもないコトが証明された一時であった。


2013-10-12komoro (7)





2013-10-12komoro (8)

ゲルに隣接する手作りトイレ。便座の脇には「ぼかし」が置かれていて、
排便後、それをかけるようにしてある。
「ぼかし」により消臭と発酵が促されたシッコやンコは
やがて立派な有機質肥料に変わり、リユースされる。
生命の循環が「たあくらたぁ」のこだわりだ。

さて、排出をしたからには何らかのエネルギーを摂取しなければならない。
そして気がつけば早ランチタイム。
んなワケで小諸、会津「たあくらたぁ」連名の首謀者たちは
今後のエネルギーの再循環利用に向け
W氏お勧めの石窯ピザ屋に移動。

石窯のから漂う香ばしいチーズの香りに無謀にも大口径ピザを一人一枚分を注文。

しかし間もなく目前に現れたピザは想像を超える大きさ。
ワシワシと食べ始めたものの、そのウミガメの甲羅のごときピースはなかなか減ってくれない。

そして途中「これではエネルギー過剰摂取となり、資源の無駄遣いになりかねない。
しかも消化器系統、並びに循環器系統の破損事故にもつながりかねない」
と気づき、摂取を即時中止。
チーズにまみれた5ピースはドギーバッグへと収容され、お持ち帰り物件となったのだが、
このような勇気ある撤退を、今後の原発政策に是非生かしてもらいたい所存である。

それにしても第一原発の現状。もはやコントやパロディを見ている感じ。
しかも苦笑いでもするしかないような質の悪いコント、品の無いパロディを…。


pizza.jpg

これが海亀ピザ。美味かったんだけどなぁ…


さて、そんな楽しくも苦々しい人生経験を、この年になって再び重ねてしまった後は
小諸の隣り、佐久市で行われている
「さくデ(佐久デザインフェア)でのゲリラライブが待っていた
※さくデHP http://d39.jp/

2013-10-12komoro (10)


「さくデ」が行われた地元豪商の旧家
歴史ある見事な作りである
広々とした民家の室内に、他分野の有能な若いアーティストや
Oさんのようなベテランアーティストの作品が展示されている

※Oさん、実は著名な陶芸家なのだ

2013-10-12komoro (11)


ケヤキの太い梁の下、縁側で押しかけゲリラライブを遂行した。
関係者の皆様、ありがとうございました。


2013-10-12komoro (12)


たあくらたぁの意味には「いい加減な奴」という意味もある
いい加減とは「良い加減」であり「良い塩梅」という事なのだ


2013-10-12komoro (9)


この浅間山の麓に「たあくらたぁ」の本拠地があり、
「この命 何をあくせく 明日のみ想いをずらふ (藤村)」 と唄いながら
日本「たあくらたぁ」化計画を日々実践、遂行している。

その底力を誰にも止める事は出来ない。
たあくらたぁに栄光あれ !! たあくらたぁよ 永遠なれ !!

つづく

たあくらたぁ HP http://o-emu.net/tarkuratar/


Comment:0  Trackback:0
2013
08.01

Hちゃんが来た~ !!

7月30日

今からもう四半世紀前の‘88年。
チェルノヴィリ原発事故をきっかけに日本各地で沸き起こった「原発NO !!」のうねりは
僕らを始め、たくさんの人たちに新たな
そして大切な、人と人との出会いを与えてくれた。

その出会いの中でも特に、
僕らの人生にとって無くてはならない存在となった
同胞であり、親友である北海道東川に住むHちゃんが
被災地への訪問の道すがらの、わずかな時間だったが会津を訪ねてくれた。
10年を経ての再会だ。

7月31日
昨晩は到着が遅かったので2時間ほどしか話が出来なかったが
今朝は起床後、お互いにしゃべり通し。

2013-07-31 (5)

左から母M子、Hちゃん、R子様。本日の我が家は♀9、♂2の割合。(-_-;) (いずれも猫含む)


震災のこと、原発事故のこと、被災地での出会い、
この国の、どーしょーもない政治のこと
暮らしのこと、音楽のこと、パートナーのこと、
そして成人し、ブータンと静岡で暮らす子供達のこと。
…話は尽きない。

朝食後、あいにくの空模様の下を散歩に出たが
降ったりやんだりの雨にもお構いなしで話は止まらない。

2013-07-31_20130801162644d0b.jpg

手前の猫はメイ。お客さんが大好き。いつも散歩についてくる。



2013-07-31 (1)

途中の畑で、草刈り中の近所の婆ちゃんに会った。
いつも丹精込めて作った野菜のお裾分けをくれる。感謝です。


さて、お昼は会津若松に在るお気に入りのレストランHirano’sでランチ。
フレンチのお店なのだが、ランチタイムには和洋折衷の
幅広い創作メニューが食後の飲み物付きで格安で食べられる。
小さなお店だが味は勿論のこと、雰囲気も落ち着いていて僕らの中では3ツ星。
リハビリ中の母もすっかりお気に入りで時々食べに来る。


2013-07-31 (2)




2013-07-31 (3)

この内容で一人1,000円 !! (経営)だいじょーぶかなあ。

「フレンチレストランで一緒に食事するなんて
あの頃は考えられなかったよね」
テーブルに所狭しと並んだ、それぞれのメインディッシュを
互いにシェアし、つつき合いながらHちゃんが笑った。
ぼくらもうなづきながら笑った。

そう、あの頃はお互い仕事らしい仕事もしないで、
日本各地の脱原発集会やコンサートに飛び回っていた。
Hちゃんも幼子を抱え、子供らの未来を案じながら駆け回っていた。

というか、環境を破壊し続けるこの国の経済活動の手先とならないように
いかに経済活動を行わないで生きるか、という事や
目の前にある、わずかな物をいかに快くシェアできるか…
なんてことを、お互いの最高のプライドとし、実践をしつつ
わずかな身銭を切りながら、それを拒むもの、
そして必要の無いものを身につけ過ぎた自らと戦っていた。

そしてアジアの文化にこだわっていた。

だから将来フレンチレストランで一緒に食事をする
てなコトは夢にも思わなかった。

いや、今もそれはお互い、あまり変わらないのだが、
少しだけモノの見方が変わった…ということなのかな ?

2013-07-31 (4)

昼食後に立ち寄った会津若松の鶴ケ城にて、左H女史、右R女史。 んー、やっぱり変わってないか…(-_-;)


それにつけても10年というブランクがまったく感じられない。
昨日も一昨日も、その前も、ずーっと会い続けていたみたいに
何の淀みもなく言葉と言葉、そして心と心が気持ちよく通い合う。

運命の神様とやらが居るのなら
言葉に出来ないほど、こんなに素敵な出会いを与えたもうた事に
ただひたすらに 感謝、感謝である。

Hちゃん、ありがとう !!  今度は北海道で会おう !!
またねー !!


Comment:0  Trackback:0
2013
01.06

江ノ島水族館

元日に年賀状のようなモノをUPして間もなく
今年も昨年同様、母親と弟家族のところで正月を過ごすため
雪をけたてて走る磐越西線に揺られ湘南へと向かった。

昨年同様、弟夫婦の手作りのごちそうと暖かなもてなしに預かり、
楽しい3日間(正味は2日)はあっという間に終わってしまった。

そんな楽しい出来ごとの中、今回の目玉はと云うと
何と言っても2日目(1/2)に訪れた「江ノ島水族館」  (正確には新江ノ島水族館)

本当は小一時間の散歩がてら、江ノ島まで歩いて行き
江ノ島弁天にお参りに行く予定で出かけたのだが
快晴にも関わらず、朝からモノスゴイ風。
徒歩を断念し小田急でショートカット。

そして到着した片瀬江ノ島駅の駅舎を出ると、そこは正に砂嵐の様相。
浜から吹き飛ばされてくる細かな砂粒が、口を、目を容赦なくが襲って来る。
体重の少ない連れ合いは何度も吹き飛ばされそうになり、その度に僕の腕にしがみついた。

そんな状況なので江ノ島に渡るのは止めにして
近くの龍口寺に参った後、水族館に立ち寄る事にした。


しかし元来、こういう場所は苦手である。
自然との関わりが濃い暮らしをするようになって以来
野生の生き物を売り買いしたり、或いは利用したりして
人間の金儲けのコマとして扱うようなコトには特に反発する心が動く。
誘ってくれた弟には悪いが、ビミョーな気持ちだった。

また、かつて近くに住んでいながらも水族館を訪れたのは
記憶に在る限り2度しかない。
小学校の遠足と、10代の終わりにデートらしき事で訪れたきりである。

そんな具合なので、かつての江ノ島水族館がどんな感じだったのか、ほとんど覚えていない。
特にデートの時は女の子に気をとられていたせいだろう、
確かに行った事は覚えているのだが、そのほかの事は全くと言っていいほど記憶にない。

しかし、そんな水族館が思いのほかに楽しかったのだ。

2013-01-01-02.jpg
片瀬江ノ島駅の近くから江の島を望んだところ。橋は国道134号線の片瀬橋。
写真では分かりにくいですが、すごい風。
お正月にこんなに荒れる事はめったにない。


新江の島水族館
2013-01-01-02 (1)
コブダイが悠々と泳ぐ水槽



2013-01-01-02 (2)




2013-01-01-02 (3)
東海林太郎(古っ!)のごとく直立不動のペンギン。思わず笑ってしまったが、気がつくと腕にタグがつけられている。
んー。やっぱり複雑な気持ちだなぁ



2013-01-01-02 (4)




2013-01-01-02 (5)




2013-01-01-02 (6)
様々な海洋生物が暮らす大水槽で行われたインストラクター(トリーターと云うらしい)によるショー。
人と魚類との心と心のふれあいを演出しているのだが、このトリーターの女性が、本当に海を、海洋生物を愛している事が伝わってきて、思わず感動してしまった。

やはり現場というか生命に直接関わっている人はどこの世界でもピュアなのだ。
軽々に批判などしてはいけないと反省をした。


そしてイルカとアシカによるショーを観劇、大水槽での一件のせいか、なんだかとても楽しむ事が出来た。

2013-01-01-02 (7)




2013-01-01-02 (8)




2013-01-01-02 (9)




2013-01-01-02 (10)



イルカショーを観ながら食べたイルカ形の肉まん…。んー。これはビミョー(-_-;)
…でも寒かったので美味かったなぁ。
2013-01-01-02 (11)




2013-01-01-02 (12)




2013-01-01-02 (13)
写真の手前、左端から甥っ子、連れ合いR子、義理の妹、弟。


甥が食べているのはアシカ形のイモ饅頭。これも美味かったようだ。
2013-01-01-02 (14)




2013-01-01-02 (15)
横浜で生まれた僕ら兄弟が、湘南に移り住んだ年の写真が展示されていた。僕が7歳、弟が5歳だった。
あれからもう少しで50年かぁ…。なんとも不思議な気持ちだなぁ。

Comment:0  Trackback:0
2012
12.07

音楽がつなぐもの

いやぁ参りました。

去る11月28日。
つれあいが早朝から激しい嘔吐と下痢に襲われてダウン。
風邪から来る胃炎かなぁ…と思っていたのだが夜になってもどうにも治まらない。
もしかして…と思い救急外来を受診したところ
「ノロウィルスに感染している可能性が高い」との診断。
そして職場に連絡をしてみたら、やはり同じような症状の方が出ているとの事。
ノロウィルス、ほぼ確定。

ん ? つーコトは、もしかして僕も…。

その予想の通り。
29日の夜には看病をしていた僕も見事に発症。
二人とも3日間は飯を食えないばかりか、起き上がる事さえ出来ない状態とあいなりました。

そして土日にはそれぞれが楽しみにしていた
とても大切な予定があったのですが、これもすべてキャンセル。
ああ…。これも日ごろの行いのせい…なのか ?

さてその後、僕の体調はやっと今週の火曜ぐらいに元に戻りましたが、
初めてのノロウィルス体験。
こんなに凄いとは思わなかったデスね。

ちなみに、あちらこちらで流行っているみたいです。
皆様どうぞお気をつけてお過ごし下さりませ。


というワケで復活第一弾のMy Blogは昨日
12月6日の出来ごとについて…です。

2012-12-06風雅堂

この建物は、会津若松市にある一番大きなコンサートホール「風雅堂」
ここで昨日、何があったかと云うと


20121206.jpg

知る人ぞ知る日本の音楽界をけん引して来た大先輩
「ボニージャックス」さんを中心とした
震災復興チャリティー・コンサートが行われたのですが、
その一部のステージに出演したのが
東京を拠点にメジャー活動をする「夕焼けらんぷ」こと「ゆんちゃん」
この「ゆんちゃん」の今回のライブユニットとして我がFairy Landが参加したのです。

今日はそのフォト・アルバムです。

2012-12-06風雅堂 (2)
◆ステージの準備。右手奥ではピアノの調律が入念に行われている◆

2012-12-06風雅堂 (3)




2012-12-06風雅堂 (4)
◆ステージ脇のコンソールとテーブル上に置いてあるボニージャックスさんの楽曲リスト◆

2012-12-06風雅堂 (5)
◆音響は僕の会津の師匠、ヒロさん。ゆんちゃんとの出会いをつないでくれた人。ちなみに僕は今日の音響のサポーター。なので、こんな写真を撮る事ができました。あざーす。◆



2012-12-06風雅堂 (6)
◆ボニージャックスさんのリハーサル。 ※肖像権の関係で小さく写っている写真を選びました◆


そして、ゆんちゃん

2012-12-06風雅堂 (9)

ゆんちゃんは、この荒んだ時代にありながら
本当に少女のような澄んだ声と清らかな感性、心の持ち主。
彼女の綿毛のように柔らかく暖かなバイブレーションに会場が和みました。

2012-12-06風雅堂---

東京方面からのユニット参加メンバー
篠笛の朋子さんや、カホン(打楽器)の「たまろう」君もまた
二人の人柄らしい、誠実で優しさにあふれた演奏で
そのバイブレーションを更に高めてくれました。

2012-12-06風雅堂 (12)
◆夕焼けらんぷ会津ユニット。写真の左からゆんちゃん、たまろう君、朋子さん、そして僕らFairy Land◆

初めてご一緒するステージの上の僕らもまた、そのお裾分けをいただき
年甲斐もなく、演奏しながら「うるうる」してしまうほどでした。
こんなステージの経験はめったに出来るものではありません。
改めて、この出会いと、それをつなげてくれた音楽の神様に感謝です。

2012-12-06風雅堂 (11)




2012-12-06風雅堂 (10)

■以上リハーサルでのショット■

そして第二部は勿論、大御所のボニージャックスさん
55年 の長きに渡り第一線で活躍されて来た
品格に溢れ、余裕のあるステージ…うーむ、流石です。
ハーモニーの素晴らしさを再発見でした。
700人ほどの聴衆は甘い歌声に、もうメロメロ。
素敵な夜でした。

2012-12-06風雅堂 (14)


◆オマケ◆
楽屋でのショット。
本番前の女性チーム。ステージ衣装を打ち合わせておいたワケではないのに全員、偶然にもポンチョというのか、ストールというのが発覚してビックリ。
2012-12-06風雅堂 (13)




2012-12-06風雅堂 (8)
◆ユニット全員のショット。写している僕もゆんちゃんの背後霊みたいに後ろの鏡に映ってます。
  ああ、このメンバーでツアーが出来ないかなぁ…◆

ホントに楽しい、楽しい一日でした。

あっ、一番大切な人を忘れてた。
企画したI君、ほんとにほんとにお疲れ様でした !! ありがとうねー !!
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。